This Category : 龍馬検定

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました。

2010.12.21 *Tue
龍馬伝」の終了と共に
ぱたりと聞かなくなった龍馬関連のニュース…

過ぎ去った?
単なるブームで終わっちゃった??


とりあえず、龍馬伝の終了前に
検定合格だけはしといてよかった


とか思ってたら、
水面下で、続いているようです。

龍馬の影響って、ブームじゃないんですね。


今年も龍馬年賀状・元旦イベントの
お手伝いをする予定なのですが
「龍馬に誓いたい!」
という、たくさんの申込みがあっているようです。

今年生まれた子供のために、とか
10年後成人する子供に、とか聞くと
いいなぁって思っちゃう
龍馬伝を見て、龍馬を知って、感化されて
10年後の自分に誓いを立てるって人も多いみたい。

私は、10年後に何を誓おう?

せっかく上級をとったことだし、
履歴書に書いてみたいけど(笑)
面接官の方が詳しくて、返り討ちにあったりして


でも、一度興味を持ったから
ニュースには結構敏感になったと思うし
これからも、龍馬関連の話題にはついていけるくらい
勉強したと思います、今回。この企画で。

だいぶ無茶振りで始まったのに、
ちゃんとこうして完結しようとしてます
よかったよかった。


さっき検定のページをのぞいてみたら
今も上級編の受付してる!

画面


私は、もういいです。
おなかいっぱいです。

が、興味ある方は是非一度お試しあれ。
難しすぎて、びっくりするから。



2009年8月から、今日まで
ブログ読んでくださった方々、
コメントいただいた方々、
解答教えてくださった方々、
ありがとうございました


ブログも「坂本龍馬」に関することも
全て初めてでしたが
かなり熱烈な龍馬ファンが多いこと、
歴女さんがとっても気さくなこと、
こんなブログを結構いろんな人が読んでくれていること、

いろいろわかって面白かったです。

このブログはこれで終了とさせていただきます。


「龍馬街道」は引き続き、何かやってると思います。
最近更新されてないですが
今後は、そちらでちょこちょこ何か書いてるかも。
それでは、また。

ありがとうございました
スポンサーサイト

「龍馬伝」最終回

2010.11.28 *Sun
実は、見たくなくて。
殺されるのがわかってるなんて、つらすぎる。
切られるのなんて見たくないし・・・



じわじわと近づいていく暗殺の瞬間に
思わず手を合わせてました。

と言いつつ、画面端の子猫にちょっと癒されてたりw



殺したのは
幕府でも薩長でもなく
武士の世が終わったことに戸惑う
「武士」として生きてきた人たち。

人間の戸惑い、不安が、
憎しみに変わって
1人の人間に跳ね返ってくる。


いつだって、人間の心が全て。
そんな気がしました。



それにしても、選挙速報・・・
NHKだから仕方ないといえばそれまでだけど、
この時代に、こんな融通きかない情報って・・・

来週土曜に再放送見る人多そうだな~



はっ そういう計算か・・・?

受検レポート 第3弾

2010.11.27 *Sat
明日で「龍馬伝」が終わってしまうので
その前にブログ書いとこう。


いまさらですが、受検当日の話。


10月14日、上級編の受検 締切前日。

受検は10月15日までとなってるけど、
9:00で終わってしまうので
実質もう今日しかチャンスがない!
けど、受かる自信もない!!
という状況。

ダメもとで、龍馬街道実行委員に交渉を試みる。

「復習できてないですが、
 再受検するなら今日しかチャンスが・・・
 受けるべきですか?」

「もち(ろん)!」



・・・交渉失敗。
まあ確かに、今年受けないと意味がないんだけど。
そして、受からないとこの企画終わらないんだけど。


早めに仕事を切り上げて帰宅。
とにかく、1回目でメモした問題をひたすら調べる。
検索して、本を見て、検索して・・・

「龍馬」って入れて検索すると、それはもう
たくさんの情報が出てくるんだけど
上級の問題ともなるとマニアック過ぎて
検索してもなかなか出てこない。

問題からキーワードになりそうな言葉を見つけて検索して、
出てこなかったら4択の答えを順番に入れて検索して、
手紙とか書簡の文章だったら、そのまま一文入れて検索して・・・

本は、書簡集とか龍馬の手紙は結構使えます◎
なぜって、記念館がやってる検定だから。
行った事ある人は分かると思うけど、記念館って手紙が多いんだ。
その手紙から、問題が出ないわけがない!!



ノートパソコンじゃ画面が小さいので
外付けのモニターも準備し、いよいよ再受検。

2回目。
2回目結果のコピー

3回目。
3回目結果のコピー

4回目・・・
4回目結果のコピー


3回目の後半から、だんだんネットの調子が悪くなり
そしてなぜか、外付けモニターが映らなくなるトラブル発生。
そのため、4回目はノートパソコンのみで受検し、
合格点に満たなかったのを確認したところで、受験断念。就寝。
それでも、明け方3時くらいまでは頑張りました。


そして、朝
7時に起きて再チャレンジ。

時間的にこれが最後のチャンス。

もう落ちれない!!

ということで、受検前に
これまで出た問題をもう一度調べなおしてみる。
全問解いてて、でも合格点に達していないということは、
つまり、どこか間違っている内容があるはず。

いくつか自信がない問題を
もう1回調べてみると、間違い発見!
(できなかったのもあるけど)

そして最後の受検で、なんとがぎりぎり合格点の90点を獲得!!
終了時間は8:51、受付終了の9分前でした。

合格1


そして仕事は9時から。
そう、遅刻です・・・

1114Project

2010.11.21 *Sun
久々にブログ更新。


もう先週になってしまいましたが
11月14日、高知県で行われた
パブリックビューイング
「ちょっとだけ」参加してきたので
当日の様子とか書いてみます。

お手伝い要員なのに、前日の準備は手伝えず
そして当日もわたわたしてただけの
なんちゃってお手伝い
だから「ちょっとだけ」


11月14日、電車で高知入りしてまっすぐ記念館へ。



向かうはずが
ばっちり寝坊。
駅までダッシュ
次の新幹線になんとか乗車。
そして初・新幹線酔い
普段車酔いもしないのに。

岡山で4分で在来線に乗り換え
なんとか予定時刻に高知入り。


とかやってしまったので、
この時点でもう1日の半分くらい消耗
ぐったりしつつ記念館へ。

(ちなみに、龍馬街道の他のメンバーは前日から高知入り。)


記念館に着いたら、
上級編の合格者掲示板に名前(イニシャル)を発見!
ちょっとテンションが上がり、ぱちり。

掲示板 掲示板2
一番上の右端!!

皆慌ただしく準備してるのに
のんきですみません…


記念館で間に合ってない準備を黙々と進め
16時半には会場に移動して準備。

Ustream班のすぐ横にいたので
すごい機材プロフェッショナルな人たち
圧倒されてました。

「なんか…すみません私こんなとこに居て」
という気分
とても写真とか撮れませんでした…

18:15開場~22:00閉場。


メイン画面の切り替えにひやひやしつつ
舞台袖からかすかに見えるシンポジウムと
途中抜けて大画面の「龍馬伝」を一部
楽しむ
あれ?結局、結構のんきな気が…


そして終了後の打ち上げ
出演者の皆さん、スタッフの皆さん、
お疲れさまでした。

打ち上げ1

打ち上げ2



つぎの日。
桂浜で夜明けを待つ人々。
朝日1

はしゃぐ大人
朝日2

こういう人たちが集まって、実現できたイベントでした


最後に、龍馬街道メンバーと孫隊長。
孫さんとメンバー

歴女っぽい

2010.10.31 *Sun
山口に行ったので、ついでに
高杉晋作が挙兵した功山寺と
長府博物館を見てきました。

功山寺


高杉晋作が馬で駆け下りたらしい石段
(どれかは知らないけど)
を登って境内に出たものの、
正直どれが何の建物かよくわからず

ふらふらしてたら、
横の方から人が歩いてきたので
つられて行ってみる。

と、墓地があり、
どうやら三吉慎蔵とか印藤聿のお墓があるみたいだったので
せっかくだし、行ってみました。


三吉慎蔵のお墓は、
比較的下の方で、すぐ見つかりました。
(墓地は坂で、入口から登っていく感じ)

三吉慎蔵

三吉家のお墓がぐるりとみんな真ん中に向いていたので
さすがに真ん中に侵入するのは憚られ、
ちょっと遠くからお参り。

で、次に印藤聿のお墓に行こうと
少し登ったところで

イノシシが出ます。
 音を鳴らすなど、人間がいることを知らせてください。」

という看板が・・・
(覚えている限りで、こんな内容だった)

あたりに私以外の人影は無し。
音を出すすべも、人間アピールするすべも無し。

ちょっと迷ったものの、
すぐそこなのに帰るのも悔しいので

「わたし、人間ですよ~・・・」

思いながら、
怯えながら、
さらに登る。


発見!印藤聿のお墓でかっ
離れたところから撮ったからあんまり大きく見えないけど
他のお墓より大きいし、スペースも広い。
名前を変えたらしく、墓碑は「印藤聿」じゃないけど・・・

印藤

実は印藤聿についてはあまり知らないんだけど
偉い人だったのかな・・・?
と思いつつ、お参り。

あと、印藤聿の向かいに
三吉周亮という長州藩家老のお墓もあったので
そちらもついでにお参り。

みよし

7卿落ちの時、長州への迎え入れを決めた人?らしいです。
家老なのに印藤聿よりお墓小さい。

イノシシ出なくてよかった。


降りるとき、登ってくるおば様2人とすれ違い
「三吉慎蔵のお墓が見たいんですけど、どこかわかります?」
と聞かれ、案内する
私、なんか歴女みたい・・・

併設で長府博物館もあったので、行きました。
建物は結構大きく見えるのに、
受付の窓も、展示室もちっちゃい。

大砲と砲弾の展示の前に
「キケン」
と書かれていましたが、
子供でも普通に触れる距離ですが・・・?


展示は、白石正一郎関連の資料が多く
高杉晋作の帽子?とかもありました。
ミニコーナーとして、
龍馬の手紙が3点、別室に展示されていました。
(すべて複製)


外に出て、もう1度功山寺に戻ったところで
高杉晋作像を発見。

晋作像

今日はあんまり人多くないけど、
ここも一時期は人が多かったのかな??


龍馬伝もそろそろ終盤。
下関に龍馬が戻ってくるのは、
お龍さんと永別になる9月が最後かな?

そろそろブームも終わりのようです。

プロフィール

cosse

Author:cosse
「坂本龍馬」の名前しか知らなかった女子が
『坂本龍馬検定』上級合格を目指す奮闘記



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言



500色の色えんぴつ



04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 龍馬検定合格への道 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。